乾 雅人

記事一覧(21)

成人式すね。

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。今日は成人式。新成人の皆さん、おめでとうございます。20歳。はるか昔のことになりました。僕は岐阜県の高校を出て、大学進学のため、上京しました。中学のころに描いた将来の夢がありました。映画を撮ったり、テレビの番組を作ったりしたいな…です。高校の進路指導の時間、担当の教諭にそれを話したところ「そんなのは『夢』だよ。もっと地道な人生を歩みなさい」と諭されました。ちょっとアタマにきたので(世界中の人々が夢中になる番組を俺が作ったる)そう決めました。AD時代、お世話になっている放送作家さんに「乾は何を作りたいの?」と訊かれ「なんでもいいから世界中の人に自分の番組を観てもらいたいす」と答えました。「ふ〜ん…そりゃ無理だな」と。今、思えば、そりゃそう言いますよ。バカですね。でも僕は「あの、俺、もしかしたら天才かもしれないじゃないすか?」と言い返します。「違うな…天才じゃないよ」「え?まだADだし、ディレクターになったら凄いかもしれないし」「いや、違う。お前が天才だったならここでADなんてやってない。天才ってのは若くても世の中が放っておかないんだ。だから乾ははっきり言って無能なんだと思う」22歳ですよ、僕、その時。無能て!キレかけた僕は「じゃあ無能な僕はこの先、どうしたらいいんすか?!」その放送作家さんはこう言いました「君の周りに天才を集めなさい。その天才達が君の言うことをきいてくれたなら、君の無能を補ってくれてもしかしたら素晴らしい番組を作れるかも。問題は、天才達をどう集めるか、だ」素晴らしい金言です。僕のその後の30年は天才達を集める時間でした。結局、やっぱり僕は天才でもなんでもなかったのですが天才達がいつも助けてくれて「世界中の人々が夢中になる番組」を作れています。夢は叶いました。新成人の皆さん、あなたは今、無能でもいいです。これから仲間を作りましょう。素晴らしい仲間が夢を叶えてくれますよ。